ワインの酸化を防ぐ風船型の栓=「エアーコルク」20151116-2

NHKおはよう日本、2015/11/16(月)のまちかど情報室のテーマは、
「フタに秘密あり!」

 
●ワインの酸化を防ぐ風船型の栓=「エアーコルク」

【アマゾン】

チューブの先がブドウの形がっているグッズ。

夫婦でイタリア料理店を営むHさんが使っています。
ソムリエであるHさん、店で出すグラスワインにこだわっています。

ワインは、一度コルクを抜いてしまうと、空気に触れて酸化してしまいます。
そこで、先程のグッズの出番。

チューブの先をボトルに入れて、ブドウを握ると先が膨らんでいき、ボトルいっぱいに広がります。

空気に触れるワインの表面積を減らして酸化から守ってくれます。
風船は、ワインににおい移りのしにくい素材を使っているので、安心です。

ワインを注ぎたいときはボタン一つで空気が抜けます。

「ワインの重要な要素は、”香り”と”味わい”。
香りを閉じ込めて酸化を防ぐので、とても便利です。」


ワインを保存するためのグッズは、ワインセーバーと呼ぶんですね。
今回知りました。

いろいろなタイプがありますが、風船型とはすごいアイディアだなと思いました。
蓋をしてから中の空気を抜くというタイプもありますが、それに近い効果があるのではないでしょうか?

ネットで情報を見ていたら、
風船をワインに浸して置くことに抵抗感を持つ人もいるようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください