ワインを家で熟成させるボトル=「Oak Bottle」20161104-2

NHKおはよう日本、2016/11/04(金)のまちかど情報室のテーマは、
「秋のワイン 楽しもう!」

●ワインを家で熟成させるボトル=「Oak Bottle」

ワインの知識が豊富なHさん。

手頃な価格のワインを、より美味しく楽しみたいと使い始めたものがあります。
ナラの木でできたボトル。
ワイン樽を作るときに出る端材を使っています。

ここにワインを移して、2時間ほど置くと、香りと味わいの変化を楽しむことができるそうです。

「味はとても濃くなっているような。
普通のワインが化けたかなという感じがしますね。」

ボトルの内側はワイン樽と同じように、焦がしてあります。

大きさは750ml。
普通のワイン樽の300分の1ほど。

ナラの木の効果がより早く出てくるといいます。

色の違いがわかるように、ウイスキーで試してみたところ、、、
48時間経つと、色が濃くなっていることがはっきりわかりました。

「うちで飲むのは100円台の安いワイン。
それが、このボトルに入れると、ちょっと高めのワインに変わるのかなという感じがするので、楽しみですよね。」


ウイスキーの色が濃くなる理由。
木の成分が溶け出して色が濃くなるようですね。

ワインは、瓶に移してから熟成させることが多いとのこと。
このボトルは、あえてもう一度木に触れさせることにしたということなんですね。

ワインもいろいろな楽しみ方が出来るんだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください