ワインボトルに差し込む保冷棒=「コークシクル ワインチラー ONE」20160712-2

NHKおはよう日本、2016/07/12(火)のまちかど情報室のテーマは、
「ひんやりドリンク楽しもう」

●ワインボトルに差し込む保冷棒=「コークシクル ワインチラー ONE」

ワインを冷やして飲むのが大好きだというKさん。
ゆっくりお酒を楽しみたいけれど、ぬるくなってしまうのが悩みでした。

「アイスバケツは、1回出して拭いたり、場所をとるのが困るなというのがありますね。」

そこで使い始めたのが金属製のスティック
中に保冷剤が入っていて、トレーなどに入れて冷凍庫で2時間ほど冷やしてから使います。

これを冷やしたワインボトルに入れておくと、冷たさを保ってくれるというアイディアです。

和久田 「差し込むんですね。」

軽く冷やしたほうがおいしいと言われる辛口の白ワイン。
冷蔵庫から出してすぐは9度ほどでした。
室温23度8分の部屋で30分置くと、スティックをさしておいたほうが今度の上昇が抑えられました。
(スティックなし17.0度、スティックあり13.5度)

【アマゾン】

蓋を開けることができるので、スティックを挿したままワインを注ぐことができます。

和久田 「これは楽ですね。」

「場所もとらないですし、テーブルも汚れないですし、そういったところがいいなと思います。」


保冷のための棒ですが、それを挿したままワインを注げるのは便利だと思います。

見た目も、おしゃれでいいと思います。
ワインを飲むと頭が痛くなるので、個人的にはあまり飲む機会がないのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください