凍らせて食べる梅干し=「アイス梅」20140619-1

「梅を楽しむ新アイデア」
2014年6月19日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

今日知りました。
この時期に収穫が最盛期を迎えるから
「梅雨」に梅の字が使われているという説があるそうです。
一つの説だということですが、説得力あるなと思いました。
今日のまちかど情報室では、
梅を楽しむアイデアが紹介されていました。

 
●凍らせて食べる梅干し=「アイス梅」
・問い合わせ先:株式会社トノハタ
 Tel:0739-72-2423

【楽天】

【アマゾン】

和歌山県の「南高梅」が木になっている映像が紹介されました。
粒が大きくて、きれいに実っていました。

その後登場したのは、小山アナウンサー。
暑そうです。
「そんな時にはアイス! じゃなくて、これ!!」
といって取り出したのが、
冷凍された梅干でした。

凍らせて食べるデザート用の梅です。

味見をする小山アナウンサー
「サクサク、シャリシャリ。そして、
甘みがあって結構ジューシーです。フルーツみたいですね。」

それほど酸っぱくないそうです。
かなり酸っぱさは抑えられているとこのこと。

この、梅干の新しい食べ方を考案した和歌山県の梅干メーカー。
普通の梅干をそのまま凍らせると、塩分がより強く感じられるそうです。

水につけて塩分を減らしたものを使います。
それを、甘い調味液に漬けることで、
凍らせて食べた時に、甘さと塩辛さがいい「塩梅」(あんばい)
になるということでした。

「塩梅」と言う言葉も強調されていました。

アイスクリームやヨーグルトなどに添えたり、
炭酸飲料に入れると、氷代わりになります。

梅干メーカー社長
「お菓子感覚で美味しく召し上がっていただいて、
夏を乗り切って欲しいですね。」


メーカーHPによると、
この「アイス梅」の発売開始は2011年。
けっこう実績を積んできているようです。
はなまるマーケットやめざましテレビなどでも
取り上げられているとのこと。

試してみたくなりました。
注意事項として、「種があります」と書かれていました。
気をつけたいですね。

“凍らせて食べる梅干し=「アイス梅」20140619-1” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください