月が欠けていく姿を楽しめる=「ムーン・グラス 酒月(さかつき)」20161012-2

NHKおはよう日本、2016/10/12(水)のまちかど情報室のテーマは、
「もっと癒されます」

●月が欠けていく姿を楽しめる=「ムーン・グラス 酒月(さかつき)」

休日に晩酌を楽しむのが癒しの時間というMさんご夫妻。

きょうのお酒は濁酒。
白いお酒が映えるように、ちょっと大きめの黒い器を使っています。

この黒い器には、さらに癒してくれる秘密があるそうです。

「お月見ができます。」

たっぷり注ぐと、丸い器は満月のようになりますが、飲み進めていくと月が欠けてきました。

構造に秘密がありました。

片側が深くくぼんでいて、反対側は緩やかな傾斜になっています。
器の中のお酒の量が減っていくと、深くなっている方に集まるので、月が欠けているように見えるという仕組みです。

飲み進めて最後には、三日月っぽくなりました。

「月を見ながら飲むのも、いい感じですね。」

「目で見て癒される、嬉しい器ですね。」


白い濁り酒にぴったりの器だと思いました。
見た目だけなら牛乳でもいいんでしょうが、、、

外国人には好まれるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください