果実酒が1日で出来る器具=「カサデビーノ」20130307-3

まちかど情報室、「漬けて おいしく」
2013/03/07の放送でした。

 
●果実酒が1日で出来る器具=「カサデビーノ」
・問い合わせ先:株式会社クマザキエイム TEL:045-473-0002
URL→http://www.kumazaki-aim.co.jp/

果実酒の話題。
Kさんは、果実酒が大好きです。
リンゴを切って、そこにレモンとブルーベリーを入れました。

果実酒は時間がかかるというのが、常識です。
Kさんは、早く果実酒が仕上がるという器具を使います。
2週間ほどかかるものが、1日でできます。

このマシーン。
中に少し水を入れて、
そこへ、材料を入れたビンを入れます。

スイッチは「12時間」と「24時間」の2つがありました。
Kさんは、24時間を押しました。
1日で果実酒が出来上がります。

秘密は、底の部分にあります。 1秒間に4万回振動するものです。
超音波を出します。
炭酸飲料の入ったコップを入れてみると、
泡が立って、振動していることが分かります。

振動させると、果実のエキスが早く滲み出すんだそうです。
一日後取り出してみると、いい色になっていました。
ブルーベリーの色ですね。

Kさんは味見をして見ます。
飲む前から、いいにおいがしているようです。
「おいしい。一日でできるなんて夢のようなので、すごくビックリしました。梅酒の季節になったら、すぐに買いにいって作りたいと思います。


1日でできるということですから、試行錯誤もしやすいですね。
3時間位して味見をしても、楽しめるかもしれません。
時間を越える武器を手にしたみたいですね。
お酒以外でも何か応用ができそうな気がします。


コメントを残す

このページの先頭へ