蓋をおして濃いコーヒーを作る=「PUSH PRESSO(押すプレッソ)」20160616-1

「ティータイム 楽しく」
2016年6月16日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは、朝一番にゆっくりと急須で日本茶を入れて楽しむようなゆとりある生活にあこがれているそうです。

お茶やコーヒーを手軽に楽しめるアイディアが紹介されていました。

●蓋をおして濃いコーヒーを作る=「PUSH PRESSO(押すプレッソ)」

MAGNIFICA s

休日、自宅で友達とくつろいでいるIさん。
好きなコーヒーはエスプレッソ。

香りが高くて濃厚な味は、専用のマシンで、熱湯に圧力をかけることで引き出されます。

家庭でもエスプレッソのようなコーヒーを味わいたいと、Iさんが使っているのが透明な樹脂製の器具。

上の部分を倒して、一杯分のコーヒーが入った専用のフィルターをセットします。

これをカップの上に載せて、熱湯を注いだ後、フタのてっぺんを押します。

和久田 「プシュ、プシュいってますね。」

こうすると、お湯に圧力をかけることができ、香りが高くて濃厚なコーヒーがいれられます。

メーカーが5年かけて開発したアイディアです。

【アマゾン】

暑いこの時期は、氷と牛乳を入れたアイスカフェラテにして友達をもてなしています。

「(エスプレッソは、)お店で飲むイメージだったので、、、
手軽に濃いコーヒーが飲めるのが、最大の利点かと思います。」


お店で飲むような濃いコーヒーを自宅でも楽しんでもらいたいと、コーヒー豆を扱う会社が5年かけて開発したそうです。
(この会社、キーコーヒーでした。)

但し、あくまでエスプレッソ風コーヒーと考えた方がよさそうです。

珈琲豆が入ったパックであるポッド。
キーコーヒーで、専用のものを出していますが、他の会社のポッドでも使えそうだなと思いました。

軽くてコンパクトなので、アウトドアで楽しむこともできそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください