豆の産地にこだわったチョコレート20140212-2

NHKおはよう日本、2014/02/13のまちかど情報室のテーマは、
「チョコっとぜいたくバレンタイン」
(昨日の予定が、ずれ込みました。)

 
●豆の産地にこだわったチョコレート
・問い合わせ先:ジェイアール京都伊勢丹
 Tel:075-352-1111
URL → http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/index.html

チョコレートの原料のカカオ豆。
そのカカオ豆にこだわるという人たちもいるそうです。

ジェイアール京都伊勢丹では、いろんな産地の豆で作ったチョコを楽しめます。

「SPIRIT OF CACAO(スピリット オブ カカオ)」
というシリーズが紹介されていました。
オンラインショップもありました。)

店員さんが開けた箱には、8本のチョコレートが入っていました。
左はしから2本は、ベネズエラ産。
次の2本はメキシコ産。
その次の2本はペルー産。
右から2本はブラジル産。

それぞれの産地によって香りや苦味が違うと言うことです。

お客さん
「カカオの香りが広がって、ビターでも
苦いんじゃなくて、香りがふわっと、、、」

違うお店では、インドネシア産のカカオ豆からできたチョコレートを紹介していました。
豆にこだわるあまり、店の社長がインドネシアの農園で苗から育てるようになったそうです。

カカオの実の写真が紹介されていました。
大きな実ですね。

デパート担当者
「普段味わえないチョコレートを、
今だけ味わいたいですとか、
バレンタインの雰囲気も自分で味わいたいとか、
楽しまれているお客さんも非常に多いです。」

鈴木 「わかるわかる。」

その場に行って、目移りしながら選ぶと言うのも、
貴重な楽しみだと、私も思います。


コメントを残す

このページの先頭へ