魚にこだわった料理教室20141028-3

まちかど情報室「食材の魅力 学べます」
2014/10/28の放送でした。

 
●魚にこだわった料理教室

魚の料理教室のことが分かります → 築地お魚くらぶ
——————-

魚にこだわる話題。

毎月一つの魚にこだわった料理教室です。

今月のテーマはこれから旬を迎えるブリ。
大きなブリでした。

「これを一匹力を合わせておろして食べていきましょう。」

教えてくれるのは東京築地市場の仲卸業者の方、島津修さんです。

プロの道具を使って重さ13キロのブリをさばいていくところから体験します。

「切り身でしか見たことがないので、いい経験になりました。」

刺身はもちろんですが、ぶり大根やしゃぶしゃぶなど、いろいろな調理法で食べつくすのも楽しいことです。

中でも一番人気は、脂の乗った尾の部分。
塩焼きでいただきました。

「口に広がる油の風味が、全然違います。」

魚のプロならではの技の伝授も行われます。
汁物に入れるときは表面を軽く炙っておくと、ブリのうまみが逃げず、煮くずれもしにくいということでした。

「お魚の扱い方を知って、自宅でもやっていきたいな。」

「ポイントポイントを教えてもらえたのが、大きい収穫です。」


鈴木 「今日は驚きっ放しぱなしでした。」

魚は切り身で買うことが多いということで、さばいて調理した経験のない方がだんだん増えてきているという事で、魚についてもっと知ってもらおうと、築地の中卸のかたが始めたそうです。

これまで、身近なサケやサバも扱ったこともあって、珍しいものではアンコウも扱ったことがあるそうです。

つりをする男性が、自分で釣ってきたものをさばけるようになりたいということで参加する方もいらっしゃるそうです。

釣ってきた魚を奥さんに渡しておしまい、、、というのはだんだんと嫌がられるようになってきています。
「自分は楽しいことだけして、後はお願い!というのは、許せない。」という声を聞きます。
私も同感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください