たき火の気分が味わえるろうそく=「直火型焚き火ろうそく」20131210-1

「ほっとひと息 ぬくもりを」
2013年12月10日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

寒い冬でも楽しく過ごすためのアイデアが紹介されていました。
ぬくもりが感じられるグッズやサービスです。

 
●たき火の気分が味わえるろうそく=「直火型焚き火ろうそく」
・問い合わせ先:ファクトリー はんぶんこ
 Tel:0766-91-8380
オンラインショップの『焚き火そうそく』を含む「雑貨」のページ
・そうそく単品は525円。
・お皿など、いろいろそろった基本セットは5,250円。

Aさん一家。
家族がそろった時に楽しみにしているものがあるそうです。
ろうそくのようです。

明かりを消して、火をつけました。
スギやヒノキの間伐材をろうで固めたものでした。
木が燃えているわけです。

専用の皿において、
部屋の中でたき火の雰囲気が楽しめるものです。

ほのおのゆらめき、音も焚き火を感じさてくれます。
普通のキャンドルとは違います。
ミニキャンプファイヤーです。

小山アナウンサーいわく、
「火を囲むと、自然と体が弾みます!」

自然と会話が弾んでいるようです。
子供たちの将来の夢の話にも花が咲いていました。

「火を見ていると、心も温かくなりました。」

「皆で、いつもはできないような話ができるというのもあり、
楽しいですね。」


「火」には不思議な力がありますね。
キャンプファイヤーなどでは特別な気分の盛り上がりがあります。
昔はどの高校でもやっていたように思いますが、
最近ではあまり体験する場面がないのかもしれません。

きのうのまちかど情報室でも、
おもしろいろうそくが紹介されていました。
花のように開いて回るキャンドル=「ドリームキャンドル」

ささやかでも、「火」を体験するのは貴重だと思います。


コメントを残す

このページの先頭へ