ちぎって使えるツタの葉のような包装材=「クッションサン・リーヴス」20150603-3

まちかど情報室「ちぎって 使えます」
2015/06/02(水)の放送でした。

 
●ちぎって使えるツタの葉のような包装材=「クッションサン・リーヴス」

エコユニークな新しい緩衝材、クッションサンの販売ページ(佐野デザイン)

【アマゾン】

・まちかど情報室、3月5日の放送では同じシリーズの人型の緩衝材を取り上げていました。
人型のウレタン緩衝材=「クッションサン Cushion san」20150305-2
————————-
花束を包んだり緩衝材としても使ったりできる、紙の製品。
Kさんと娘さんが使っています。

切れ込みが入っていて、いろいろな色がある紙。
伸ばすと、つたの葉のようにつながっています。

それを好きな長さにちぎって、いろんな色と組み合わせれば、ボリューム感のあるラッピングができるようになります。

「お花を包みました!」

上手にできました。花束も華やかになりました。

「ちぎってつなげるだけで、あんなにかわいくなって、、、とても使いたいなとおもいました。」

贈り物に使うだけでなく、皿の上を飾る時にも使っているそうです。

「色がかわいいでしょ?」
「引き立つね。」

「物だけでなく、ラッピング材も取っておきたくなります。さらに喜んでいただけそうな気がします。」


和久田 「普通の包み紙とは雰囲気が変わります。そのまま飾ってもかわいいですね。」

実際にもらった人がとっておいて、別な場面で使うリユースも行われているようです。

ツタの葉はおしゃれな雰囲気がありますね。
NHKのHPでは「ちぎると葉っぱのデザインになるラッピング材」としていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください