木の扉などにも使えてはがせるフック=「ラインフック」20140224-2

NHKおはよう日本、2014/02/24のまちかど情報室のテーマは、
「貼ってはがして あら!便利」

 
●はがせるフック
・問い合わせ先:株式会社 ヨシズミプレス
 Tel:03-3612-7541

【アマゾン】

hagaseruhukku
便利なフックが紹介されていました。
貼ったり剥がしたりできるものです。

Nさんは、鍋つかみをかける場所を探しています。
収納スペースの扉辺りがよさそうです。

使うフックは、直線的なデザインのものでした。
裏の白い部分は、べたべたしていません。
けれども、つけたいところに押しつけるとくっつきました。
鍋つかみが掛けられました。

くっついたのはいいけれど、剥がすときに大丈夫なのか?

霧吹きで水をかけると、簡単に外れました。
フックの裏の白い部分を拡大してみると、小さな穴が沢山空いています。
これが吸盤と同じような役割を果たして、
ぴったりとくっつくようになっているそうです。

鈴木アナウンサー
「小さな吸盤が沢山ついているというイメージですか?」

小山アナウンサー
「そういうことです。」

普通の吸盤だとなかなか張りつきにくいところにも使えます。
例えば木の扉にも使えます。

およそ500グラムまで耐えられます。

「傷もつかないですし、場所も選ばないですし、
とにかく見た目がかわいいので、とても気に入っています。」


木にくっつく吸盤があればいいなと、思ったことがあります。
これは、便利そうですね。

Uさんのお宅では、バナナを吊り下げたりしていました。
ちょっと重そうで、大丈夫かなと思いましたが、
500グラム以内なんでしょうね。

一時的なもの掛けなどとしても重宝しそうです。


コメントを残す

このページの先頭へ