わたなべの「なべ」を見分けるゲーム=「渡る世間はナベばかり」20160509-1

「文字を楽しもう」
2016年5月9日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんいわく、「手書きできちんと書くのは、年賀状くらいになっていて、、、
漢字が思い出せなくて、辞書で調べて書いています。」

文字を書くためのアイディアが紹介されていました。

●わたなべの「なべ」を見分けるゲーム=「渡る世間はナベばかり」

東京都内で行われたイベント。
会場は東京ビッグサイトです。

カードゲームやボードゲームなど、電源を使用しないアナログゲームが全国から一堂に会するイベントです。

1万人以上の来場者でにぎわう会場。
ひときわ注目を浴びていたのは、、、
丸いカードに「渡」という感じが書かれたものがたくさん並んでいます。

実はこれ、神経衰弱でした。

「わたなべ」さんの「なべ」の字に、いろんな字があることに注目して、ゲーム作家が考えました。

「なべ」の字は100種類以上あると言われているそうです。
その中から24種類がカードになっています。

微妙な、点の有無など、よく見ないと違いが判りません。

合っているかどうかわかりにくいところも、はまるポイントだそうです。

「パッと見、全部同じのにしか見えなくて。けっこう頭を使うと思います。」

「これは終わる気がしません。覚えてられないし。
盛り上がると思います。」


最初発表されたときは、星型だったようですね。

イベントで好評だったので、製品化されたということでした。

細かい違いまで確認しなければならないので、集中力が必要だと思います。
遊びながら頭を使うことが出来て、いいなと思いました。
ある程度の人数で、わいわい言いながらやると楽しいでしょうね。

子供達の方が得意かもしれません。
子供達こそ、アナログゲームで触れ合ってほしいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください