インテリアになる本のしおり=「シオリボン」20140917-1

「読書の秋 楽しく」
2014年9月17日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

日も短くなって、朝晩が涼しくなってきました。
まちかど情報室では、秋の夜長にゆっくり読書を楽しむのに便利なアイデアが紹介されていました。

 
●インテリアになる本のしおり=「シオリボン」
・問い合わせ先:(有)セメントプロデュースデザイン
 Tel:06-6459-0368

【楽天】

【アマゾン】

Kさん親子。
リビングにある本棚。アンティークなもののようです。

しかも、本の背表紙には、ツタが絡まっているように見えます。
蝶々が付いているのもあります。

実は本のしおりの一部分でした。
本に挟んでいる部分から長く伸びている飾りです。

リボンの産地、福井県のメーカーが大阪のデザイン会社と一緒に考えたアイディアです。
リボンの記事にレーザーで型抜きされた動物などのデザインを、購入した人が切って、使います。
切るところからスタートです。

このしおりを本に挟むと、背表紙がインテリアに早変わりします。

しおりとして使うだけでなく、ビンのふちに巻きつけたり、かばんにつけたり、、、
ちょっとしたアクセサリーとして活用できます。
そこからはずして、しおりにすることができます。

「しおりとしてだけじゃなく、飾っておくだけでもとてもかわいいので、うちではスプレーとしても使っています。」


包装材として使われるリボンを主役にした製品を、ということで開発されたそうです。
しおりとしての機能を持ちながら、ステキな装飾品になっています。

デザインと言うのは、すごいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください