ギフトショー2014春(その1)足元に関係のあるグッズ20140207-1

「体感!最新アイデアグッズ」
2014年2月7日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

国内最大の生活雑貨の展示会
「東京インターナショナルギフトショー」を鹿島アナウンサーが取材。
最新のアイデアグッズが紹介していました。

「広くて大変でした」とのこと。

第77回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2014

過去最大の2500社が出展していました。
今回目立ったのは、2020年東京オリンピックに向けて、
日本の文化を世界の人たちに知ってもらいたいと言うアイディアです。

 
●(その1)足元に関係のあるグッズ

(1)寿司のように見える靴下
・問い合わせ先:I.J.マーシャル株式会社
 Tel:03-3635-8761

見た目は、いくらのお寿司。
鹿島アナウンサーが広げると、靴下でした。
ふくらはぎのところに、いくらのつぶが来ます。

マス寿司をデザインした靴下を履いている女性もいました。
”あがり”もあり。
並べると、回転寿司のお店のようです。
外国人をターゲットとした製品のようです。

(2)形に工夫し柔軟性をもたせた下駄
・問い合わせ先:株式会社一歩
 Tel:0745-63-0091
※今年の夏頃発売予定です。

バネのような構造の下駄。

鹿島アナウンサー
「踏んだときに、軽く戻ってくる感じがありますね。」

クッション性を持たせることで、はきやすくなると言うことです。

「日本の文化ですからね。下駄と言うのは。
こういうおもしろさを楽しんでもらおうかな、と。」


この展示会では、コンテストも行われていて、
グランプリは、「学研教育出版のエコー・スマートペン」だったとか。
楽天では扱いがありました。

これは、昨年末くらいに色々なテレビ番組でとりあげられた
Livescribe wifi スマートペンと同じものじゃないかな?
と思いました。

メモをとりながら会話を録音できるペン=「Livescribe wifi スマートペン」20130524-2


コメントを残す

このページの先頭へ