ゴミを温風で小さく固める器具=「パリパリキューブ」20140425-1

「クリーンでいいね!」
2014年4月25日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

身の回りのゴミや汚れすっきり処理してくれるアイデアが
紹介されていました。
活用すればクリーンに過ごせそうです。

 
●ゴミを温風で小さく固める器具=「パリパリキューブ」
・問い合わせ先:島産業株式会社
 Tel:0120-256-333

【楽天】

【アマゾン】

——

香川県にお住まいのGさん。
プラスチックごみの保管場所に悩んでいました。

収集日まで外に置いておくと、

「猫とか犬とか、イノシシが来たりとか、、」

家の中に置くのも抵抗があります。

「朝起きたらくさーい感じ、、、」

鈴木アナウンサーは、
「この光景を見るのもね、、、」
とつぶやいていました。

そこで使い始めたものがあります。
箱形の製品。

15リットルの袋に入ったごみを処理します。
プラスチックのゴミを割って、箱型のケースの中に
入れていきます。

しっかりと詰めたら蓋をします。
ロックされ、とりあえずは容量が小さくなりました。
(ロックが外れれば、膨らんできそうです。)

このロックしたものを、さらに大きな箱に入れます。
隙間から温風が出てきます。
60度の風がプラスチックを柔らかくしてくれて、固めます。

出してみると、小さく固まっていました。
かさはおよそ五分の一になったそうです。

ごみ袋2袋分がコンパクトな塊六つになりました。

「袋に四つか五つあったのが、
一つに収まる状態になっているので、
いいんじゃないかなー。」


容量が小さくなれば、ごみ収集日までの保管も楽と言うことでしょうね。

大きな本体は、もともとは、生ゴミ乾燥機のようです。
プラゴミを圧縮するためには、オプションの「圧縮ユニット」が必要です。
(プラスチックを割り入れていた容器)
別売なので注意が必要ですね。

温風をかけているときには、多少ゴミのにおいが出るのかもと思いましたが、
メーカーHPを見ると、「脱臭フィルター」がついていて、
においは軽減してくれるとのことでした。

東京テレビ、トレンドたまごでも取り上げていました。
関連記事 → トレたま2014 プラスチックごみ圧縮装置 | 「廃プラ圧縮ユニット」20140220

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください