内側に扇風機がついた傘=「扇風機日傘」20160721-1

「隠れたところに秘密あり」
2016年7月21日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは学生時代ひそかにやっていたことは、ラクロス部のマネージャー時代にタオルを首に巻いて、そのタオルの中に氷を入れて冷やしていたとのことです。

暑さ対策に役立つアイディアからスタートでした。

●内側に扇風機がついた傘=「扇風機日傘」

この時期、紫外線対策が欠かせないというUさん。

「紫外線に弱いんです、私。だから日傘は必ず差し、首はマフラーかネッカチーフを巻いて手袋をして出かけるんです。
だから辛いですね、暑くて。」

そこで使い始めたのが、特別な日傘。
これを差すと、、、
「首周りとか頭が涼しくていいです。」
とのこと。

その秘密は傘の内側にありました。
扇風機が隠れています。

電池で動き、手元のスイッチを押せば、いつでも手軽に扇風機の風で涼ことが出来ます。
和久田 「しっかり風も出ていますね。」

羽に頭がぶつからないように、周りにはネットがついています。

【アマゾン】

「普通の日傘で、うちわであおいでいるような感じですね。差してるだけで風が来るので、もう離せません。」


万が一、スイッチを切り忘れたまま閉じようとすると、自動で扇風機が止まるように工夫してあるそうです。

表面は撥水加工してあるので、日差しのない雨の日の夜にも使えるそうです。

SサイズとMサイズ、特Lサイズがあるようです。
ファンを使わないときも普通に使えそうだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください