平らなのに立体的に見えるランプ=「バルビングランプ」20161024-3

まちかど情報室は「」というテーマ。
2016/10/24(月)の放送でした。

●平らなのに立体的に見えるランプ=「バルビングランプ」

Kさんは、ボリューム感のある気球の形のライトがお気に入りだそうです。

このライト、実は、平らなライトでした。

厚みがないので場所を取らずにおくことができます。

「見た目はすごくボリューム感があるんですけど、コンパクトなので、いろんなところに置くことができて便利です。」

軽いので、いろいろな場所に運んで使ってるそうです。

本体の平らなところは透明なアクリル版です。
そこに白いラインが刻まれています。
下から光を当てると、ラインが光を受けて、浮かび上がり、目の錯覚によって立体的に見えるという仕掛けです。

デザインは全部で4種類。

平面なのにどれも立体的に見えます。

「友達が家に来て、”え、あれ何?”とびっくりされるので、それも楽しいです。」

和久田 「丸みのあるふっくらした形にも、人は癒されるんでしょうね。」


3Dのような2Dランプといういい方もあるようです。
2Dの幾何学デザインで見事に立体を感じさせます。

イスラエルのデザインスタジオがデザインしたものだそうです。
世界的に人気を博しているということでした。

実際にまじかで見てみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください