形が変えられるドーナツ型クッション=「スリープバンテージ フルール」20160108-3

まちかど情報室「支えてくれます」
2016/01/08(金)の放送でした。

●形が変えられるドーナツ型クッション=「スリープバンテージ フルール」

クッションがアップになりました。
ちょっと変わった使い方があるそうです。

【楽天】

使い方を教えてくれたのは、Kさん。
このクッションは、ねじってもそのままの形をキープして戻りません。

二つ折りにたたんで首に巻けば、旅行のときにも使える枕になります。
正座するときに使えば、足がしびれにくいそうです。

【アマゾン】

形をキープする秘密は、二つあります。
まず、クションの中が仕切られず筒状になっていること。

そして、内側12ヶ所に伸縮性のある特殊な糸が縫い合わせてあること。

ですから、形を変えると中のビーズが自由に動きます。
その位置を固定するように糸が縮むので、クッションの形がキープされるということです。

Kさんは、足枕としても使っています。

「自分の好きな形に変えられるのが、一番おもしろい。
横に向いても高さが維持できますし、そのまま熟睡できています。」

和久田 「旅行の時の首の枕、私も持ってるんですけど、用途が一つなので。いろいろ使えるのはいいですね。」


形が変わらないということで、最初は、金属の芯が入っていたりするのかなと思いましたが、そういう無粋なものではありませんでした。

素材の組み合わせと縫い付け方で、実現しているんですね。
高い技術を感じました。

作っているのは、フランスベッド。
聞きなじみのある会社名で、作りもちゃんとしていそうな気がしました。
ブランドの力ですね。
名前からは、ベッドだけと思いがちですが、介護用品なども手掛けているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください