持ち手に取手がついた傘=「rumbrella(ランブレラ)」20160610-2

NHKおはよう日本、2016/06/10(金)のまちかど情報室のテーマは、
「梅雨に活躍! アイデア傘」

●持ち手に取手がついた傘=「rumbrella(ランブレラ)」

会社員のFさん。
仕事で使うパソコンを、いつもかばんに入れて持ち歩いてるんですが、、、

「ただでさえかばんが重いんですけど、雨が上がった後に傘と両方を持たないといけないっていうのが、邪魔だと感じます。」

そこで使うようになった傘。
特徴は傘の持ち手の形。
普通の傘はU字型ですが、この傘には突起がついています。

傘を閉じて持ち歩く時に便利です。

電話がかかってきたときなど、この時にバッグを引っかけることが出来ます。
片手が開くので、電話も楽にできます。

荷物は重さ5キロまでひっかけることができます。

バスを待つ間や、待ち合わせをする時に使ってるそうです。

和久田 「傘を閉じてる時にも活用してしまおうということですね。」

「混んでる電車に乗るときに、かばんをかけておけるので、片手が自由になって、吊革につかまれるのが便利です。」


ポイントになっている持ち手の取っ手部分がrの形に似ているということで、商品名の出だしたがrになっているということのようです。

ちょっとした付け加えで、劇的に便利になった例だと思います。

たくさんのショップで扱いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください