本棚に飾る一輪挿し=「はなぶんこ 一輪挿し」20131205-2

2013/12/05のまちかど情報室のテーマは、
「スペース見つけた!」

 
●本棚に飾る一輪挿し=「はなぶんこ 一輪挿し」
・問い合わせ先:ジェネレイトデザインインク
 Tel:03-6320-5691

【楽天】

磁器でできている長方形のものが登場。
何のスペースをどのように生かすのか?

鈴木アナウンサーは、ひらめいたようです。
「本と本の間」
正解でした。

Mさんは読書が好きだと言うことです。

かどに空いた口から、水を入れて、
花を差し込みました。
一輪挿しです。

「この場所を使います。」
と言って指差したのは、文庫本が並んだスペース。
この一輪挿しは、文庫本と同じサイズでした。

文庫本の間から、花が出ています。

水を入れずに、ブックエンドとして使ったり、
ペン立てに使うこともできます。

「本が並んでいると思ったらお花がある、みたいな。
意外性もあって、いろんな使い方ができて、気に入ってます。」


佐賀県に430年の歴史を持つ磁器の産地があるそうです。
若い人たちが、その伝統を生かしつつ、
新しい製品を次々と生み出している、その中の一品と言うことでした。
肥前吉田の『224porcelain』というブランドらしいです。

珈琲フィルターもありました。
これはセラミック製でペーパー不要です。


コメントを残す

このページの先頭へ