気持ちよく目覚めさせてくれる目覚まし時計=「ねむり時間計」20140331-2

NHKおはよう日本、2014/03/のまちかど情報室のテーマは、
「さあ!はじめよう」

 
●気持ちよく目覚めさせてくれる目覚まし時計=「ねむり時間計」
・問い合わせ先:オムロンヘルスケア株式会社
 Tel:0120-30-6606

【楽天】

【アマゾン】

システムエンジニアのKさん。
この日帰宅したのは今後11時少し前。随分遅いですね。

帰宅時間がまちまちで、生活は不規則になって
朝起きるのが苦手でした。

「目覚めは良くない方ですね。だいぶ。
はいずるように布団から出て、起きるっていう生活を
してたんですけれど、、、」

そこで使い始めたのが、特別な目覚まし時計。
オムロン製です。「SleepDsign lite」と書かれていました。

スマートフォンと連動していて、起きる時間をセットして
枕元に置いておきます。

センサーがついていて、寝返りなどの体の動きから、
眠りの深さがわかるというものだそうです。

実験のため、寝室に一晩カメラを置かせもらいました。
いびきをしている様子も分かりました。

体が動かない時には眠りが深い、
寝返りが多い時には眠りが浅い

寝ている間、これを繰り返しています。
人間の体の仕組みです。

設定した時刻の30分前から、
寝返りが多くなって眠りが浅くなったタイミングで
アラームを鳴らしてくれるということです。
(オムロンのHPによると、
「スッキリアラーム」機能というそうです。)

そのタイミングで起きると目覚めがさわやかだそうです。

Kさんは寝起きで、インタビューを受けていました。

「おはようございます。
バッチリです。
起こされた感がないですね。
気づいたらパッと起きられるような感じで、
すごく助かってますね。」


鈴木アナ 「設定した30分前に起こされたら、もうちょっと寝たいんですけど、、
でもすっきり目が覚めるというのは、大事ですよね。」

スマートフォンと連動しているので、
毎日の睡眠時間がどのくらいか
寝返りの回数、頻度など記録しておいて
睡眠に関するちょっとしたアドバイスもしてくれるとのこと。

毎日、自然に記録をつけてくれるというのは、いいと思います。
人は慣れてくると、面倒に感じてしまうという性質を持っています。
そこをスマホや関連機器でサポートしてもらうというのは、助かります。


コメントを残す

このページの先頭へ