燃える氷のようなキャンドル=「バーニス BURNICE」

まちかど情報室「見た目で楽しくだまします」
2016/04/01(金)の放送でした。

●燃える氷=「バーニス BURNICE」

グラスに注目。
水に氷が浮かんでいますが、ここに火を近づけると、火が付きました。
氷ではなくて、キャンドルでした。
Bさんは、最近仕事が忙しい夫のために、氷のキャンドルを用意しました。
ご主人はびっくりです。
「燃えてる氷?なんだこれ。 柔らかい?」
和久田 「サプライズ大成功ですね。」

【楽天】

燃える氷は、触ると柔らかいです。
これは、オイルをゲル状にして固めた後、表面を熱処理することで、氷の透明感を出しています。

【アマゾン】

「水に浮いているというのが、すごいね。ありがとう。これはいいわ。癒された。」

和久田 「こういう騙され方だと、いいですね。」

およそ100個の石の中から、氷のように見える石を選んで型を作って、一つ一つ手作りしているそうです。
六時間ほど楽しめるそうです。
オイルがきちんと形を保って水に浮き続けるというのは、興味深いですね。
特別な時の演出として使ってみたいなと思いました。

バーン・アイスではなくて、バーニスと呼ぶんですね。
それが面白いなと思いました。


中村アナウンサーは、まちかど情報室を卒業するそうです。
1年間、担当でした。
来週からは朝5時からのニュースを担当するそうです。
朝早くて大変かもしれませんね。頑張ってほしいです。

いろいろなところで担当が変わって、新年度だなという感じが強くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください