鏡餅の置物になるぐいのみ=「ぐいのみ鏡餅」20131217-2

2013/12/17のまちかど情報室のテーマは、
「お正月の準備をしよう」

 
●鏡餅の置物になるぐいのみ=「ぐいのみ鏡餅」
・問い合わせ先:株式会社リビングデザインセンター
 Tel:03-5322-6620
作者、福岡光里さんのブログ記事 → 【2014年版ぐいのみ鏡餅 完成しました!】

クリスマスの準備に合わせてお正月の準備もしているというSさん。

「我が家の鏡餅です」
といって、紹介してくれたのは、鏡餅にしては小ぶりです。

よく見ると、陶器でできていることがわかります。
一つ一つ手づくりだそうです。

鏡餅として飾るのもよし。
上についたミカンを取って
ひっくり返すと、ぐいのみになります。
お屠蘇を入れることができます。

Sさんのお宅は4人家族。
四つ用意してあります。

お正月にちゃんと使えるかどうかお酒を入れて確認していました。
(「確認しなくても、、、」という声が上がっていました。)

年に1回お正月だけだともったいない、ということで
Sさんは普段から、お花を飾ってみたり、台を和菓子のお皿に使ったり、
いろいろ活用しています。

「すごくきれいで、かわいいですよね。
一年中、いろんな用途に使えるというのがとても気に入ってます。」


鈴木アナウンサーは
ぐいのみにしたとき、
「横に添えられている、ミカンがかわいい。」と
絶賛していました。

作者のブログを見てみたら、
毎年毎年、新しい年に思いをはせて、作っているそうです。
微妙に変化しているのかもしれません。

大手通販では今のところ、扱っていないようでした。


コメントを残す

このページの先頭へ