あけましておめでとうございます。

新年が明けました。
函館は曇っていますが、雪も風もなく穏やかな朝となりました。
皆様のところはいかがでしょうか。
おめでとうございます。

この「NHKまちかど情報室のまとめ」
昨年中は大変お世話になりました。

今年も
”実際に番組を見ての感想”や、
紹介されたものを“実際に購入するとしたら、、、という感覚”
大事にしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

昨日の大晦日。
レディースミキサーというパンこね機で餅をつきました。
臼と杵でついたわけではないので、正確には餅を作ったというべきかもしれませんね。
(餅をつくのは、「搗(つ)く」という漢字を使うそうです。by広辞苑)

パンづくりを習い始めたのが十数年前。
その先生に薦められたのが、レディースミキサーでした。
以来、パン作りには大活躍してくれました。
今では、本当になくてはならない「相棒」のような存在。

「餅も作れる」ということは知ってはいましたが、
自分でやることは考えたことがありませんでした。
餅は、実家の母が準備してくれるものでしたから。

去年から、餅の手配も任されるようになり、近所の和菓子やさんで購入しました。
今年もそうすることにしたのですが、安くはありません。
(今回購入後に測ってみたら、
のし餅一枚700グラムくらい、10枚に切るとちょうどいい感じです。1000円前後。)

必要に迫られると、考えるもの。
安く、おいしい御餅を手に入れるには、自分で作るしかありません。
去年の半分くらいの量を購入することにして、
残りは、レディースミキサーで作ってみることにしたのです。

よりどころはレディースミキサーの説明書。
(他に、情報収集はしませんでした。)
◆おコメをしっかり水につけておくこと。
 最低12時間、できれば二晩。

◆コメの蒸し時間は30分程度。

◆コネ時間は高速で15分。

結果は、柔らかすぎて、扱いにくい餅になりましたが
味はまずまず。
「これなら、次回もいける!」という感触を得ました。
点数をつけるなら65点。

蒸す時間が長すぎたと思います。
30分時点で、「硬すぎ」と判断して、
10分くらい蒸し時間を伸ばしたのでした。
コメがべちゃべちゃになった気はしたのです。

コメを蒸しすぎないでこね始めれば、うまくいくのでは、と思っています。
1キロ398円のもち米。
購入したのし餅の半分以下の金額でできました。



夜は紅白を見て時間を過ごしました。
いろいろ批判めいたことを言いながらですが、家族で同じ番組を見る
というのは、貴重だなと思います。
息子は早々と部屋に入ってしまいましたが、
ゆく年くる年の時には降りて、みんなでテレビの前で新年を迎えました。

紅白もゆく年くる年も北海道が目立っていたかな、と思いました。
DREAM COMES TRUE の吉田美和は帯広出身。
細川たかし は真狩村。
サカナクション のリーダーは小樽。その他のメンバーも北海道出身。
森進一は「襟裳岬」を歌いました。
なんといってもおおとり 北島三郎。知内出身。函館西高校に通っていました。
サブちゃんは、今回を持って「紅白を卒業」だそうです。
これは、AKBの大島さんの卒業よりも、重く取り上げられていたように思います。

ゆく年くる年でも
枝幸町歌登のお祭り、
北見市のカーリング場
の二つも取り上げられていました。

北海道人としては見所のあるものでした。


コメントを残す

このページの先頭へ