実寸大のVR空間で住宅を体験できる技術=「ALTA for VR」20161215-2

NHKおはよう日本、2016/12/15(木)のまちかど情報室のテーマは、
「仕上がり確認サービス」

●実寸大のVR空間で住宅を体験できる技術=「ALTA for VR」

住宅メーカーが始めたサービスです。
これからマイホームを建てようというNさん夫妻。

設計には、吹き抜けのあるリビングや書斎を取り入れました。

図面で間取りはわかりますが、雰囲気はつかみきれません。
自分のイメージにあってるかどうか、気になります。

そこで、連れてこられたのが、白い壁で囲まれたスペース。

ここで専用の眼鏡をかけて、部屋を暗くすると、、、
完成後の住宅を、実寸大で立体的に確認できます。

望んでいる吹き抜けや、書斎も本物さながらに、目の前に現れます。
実寸大なので、広さもイメージしやすくなっています。

実際に家の中を歩き回るような疑似体験も味わえます。

2階に上がると吹き抜けから下を覗くこともできました。
Nさん、素面で見たときは狭いからと思ったけれど、なかなかいいなと、気に入ったようです。

さらに、パソコンを操作することで床材を変えたり、壁の作りを変えたりすることもできます。

建築前にイメージをしっかり確認できると、お客さんから好評だそうです。

「こうできたらなっていうのが、すぐできて見られるのがとてもいいですね。

建ってからイメージと違うんじゃないかなという不安はなくなるのかなと思います。」

和久田 「納得してから建てることが出来るのは、いいですね。


紹介されていたシステムは下記だと思われます。
  ↓
バーチャル住宅展示場作成システム 「ALTA for VR」

住宅メーカーは、宮城県富谷市の北洲ハウジングのようです。
北洲ハウジング

別な例も紹介されていました。
Sさんご一家。
もともとは、壁を白く、屋根を黒くする予定でしたが、サービスで確認して実際には、壁はレンガ風で、屋根は赤にしました。

事前に確認することで、安心して色を選べたそうです。

間取り以上に、色が確認できるのは便利だろうなと思いました。
家を建てるときには、たくさんの選択をしていかなければなりません。
その時に色に迷うことが多かったように思います。

実際に色を当てはめてみることで、決断ができると思います。

これからこのようなサービスはどんどん広がっていくことでしょう。
楽しみですね。


コメントを残す

このページの先頭へ