マスクの隙間をなくしてくれる=「new くもりストッパー 5」20151120-1

「くっつけて便利」
2015年11月20日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

貼ることで便利さが増すアイデアが紹介されていました。

和久田さんは、最近、予防のためにマスクをつけているそうです。
眼鏡をかけたとき、鼻のところの隙間から息が漏れて曇ることがあるとのこと。
そんな悩みを解決してくれるグッズが最初に登場しました。

●マスクの隙間をなくしてくれる=「ツーヨン マスク用 new くもりストッパー 5」

【アマゾン】

乾燥するこの季節はマスクが欠かせないというUさん。
でも、つけているとずれてきたり、メガネのレンズが曇ったりするのが嫌だったそうです。
そこで使い始めたものがあります。

一見、アイスの棒のようなもの。
やわらかい針金が入っています。
これを、鼻に当たる部分に貼り付けます。

すると、鼻と頬にしっかりフィットするので、ずれにくくなるし、隙間もないのでレンズも曇りにくくなります。

重さはおよそ1グラム。
緩衝材などに使われている軽くてやわらかい素材でできています。

使い捨てではありません。
マスクを変えるたびに剥がして貼り替えて使えます。

「上下の動きがないので、化粧崩れも気にならなくなりました。つけているのを忘れてしまう感覚でいいです。」


自分に合った貼り方というのがわかってくるとより効果が高まるようです。
切って短くした方がよい場合もあるようです。

繰り返し使えるということですが、3,4回で粘着力が落ちてくるとのこと。
その時は新しいストッパーにした方がいいようです。

マスクをする人はとても多くなりました。
マスク自体もマスク用アイテムもたくさんあります。

本当に、自分にぴったりのものは、使ってみなければわからないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください