2つを合体させてぬれにくくした傘=「がっちりニコイチ傘」20140409-1

「同じもの組み合わせました」
2014年4月9日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

同じものが二つ組み合わせられた製品が登場。
”ユニークな形ですが、意外に便利!”ということでした。

 
●2つを合体させてぬれにくくした傘=「がっちりニコイチ傘」
・問い合わせ先:サンコー株式会社
 Tel:03-5297-5783

【楽天】

【アマゾン】

Sさん一家が登場。
天気が気になるときに持ち歩いている傘。

ちょっと太そうですが、一見して普通の傘との違いはわかりません。

開いてみると、、、
先には、同じ傘が二つ、くっついているのでした。

鈴木 「アベック用ですか?」

小山 「アベックという表現がまた、、、」

その幅、120cm。通常の傘の2倍です。

相合傘でもいいようですが、縦にしても使うことができます。

縦にすると、背中の荷物もすっぽりカバーして、
前から吹き付ける雨も防いでくれるので、体も濡れません。

横にすると、柄の部分を肩にかけられますから、
風が強くなければ安定します。

両手が空くので、急な電話やメールにも対応することができます。

鈴木 「なにそれ?」

歩きながらのスマートフォンは、やめましょう!

1人で使うには邪魔な気もしますが、、、

そして恥ずかしくありませんか?

2人で入ることができる、というのが普通の使い方だと思います。
子供と一緒に入ると、ぴったりです。

たたむ時は、二つの柄の間にあるひもを引っ張ります。

「普段見ることのない形なので、おもしろいと思います。
その都度、横に向けたり、縦に向けたりと言うことで、
使い分けられるので便利ですね。」


鈴木アナウンサーは、噴出すことが多かったと思います。
見た目はかなりインパクトがありますが、
そうする意味があまり感じられないということだと思います。

二つくっつけたものと同じだけの大きのかさを作るよりは、
単純にくっつけたほうが、
コストが低いのかもしれないなと思いました。

子供と歩くときなどは、1本にまとまっていて、
いいなと思いました。


コメントを残す

このページの先頭へ