夏休み 親子で楽しく! 7月23日

 きのうの日曜日は、午後から夏の全国高校野球南北海道大会をテレビで見ていました。札幌第一と札幌日大の決勝戦。勝ったほうが甲子園です。函館の函大有斗を応援していましたが、残念ながら敗退。有斗に勝った北海を破った第一を応援することにしました。とって取られての大接戦の末、6対5で第一が勝ちました。高校野球にはプロ野球とは違う感動がありますね。北海道代表の札幌第一、旭川工業の本大会での活躍を期待しています。
 2012年 7月23日(月)のまちかど情報室は、「夏休み 親子で楽しく!」というテーマでした。いよいよ夏休みですね。この夏休み、親子で楽しめるというアイデアが紹介されていました。

●オリジナルのカップアイスが作れる器具=「おかしなまぜまぜエッセルスーパーカップ」
・問い合わせ先:株式会社タカラトミーアーツ TEL:03-5650-0033
URL→http://www.takaratomy-arts.co.jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
Aさん宅では、二人のお子さんが帰ってきて、「アイス食べたい」と言っています。そこでみんなでオリジナルアイスを作ることになりました。お母さんが取り出してきたのは、市販のカップアイス。その上に器具をセットしてラズベリーやらパイナップルやらを入れてふたをして押さえてまわしたら、フルーツが細かくなってトッピングされました。
さらにもう一段階。棒の先にへらが着いたものを取り付けて、もう一度カップにセットして、今度は押し込むように回します。すると、さっきのトッピングがアイスに練りこまれています。イチゴのシロップもかけて、オリジナルのアイスの完成です。
 フルーツやお菓子などの具材を細かくしてアイスクリームと混ぜることで、自分だけのオリジナルが作れるというものです。スーパーカップ専用の大きさになっているそうです。
 お兄ちゃんはチョコとポテトチップス。妹はクッキーとラムネをミックスしました。
 お母さんのコメント=「普段、お店でトッピングするようなものが自宅で簡単に入れられるのがすごくいいなと思いました。」
 もとのカップをそのまま使えるのが良いですね。器具だけ洗えばよくて、器などの洗い物が増えないので気軽にできそうです。アイスはどれもおいしそうでした。

●自宅の壁などで花火が楽しめる玩具=「どこでも花火バズーカ」
・問い合わせ先:株式会社センチュリー TEL:03-5818-3582
URL→http://www.century.co.jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
Mさんたく。息子さんは「花火見に行きたいなあー。」とつぶやいています。お父さんいわく「うちはちっちゃい子がいるので、人ごみに連れて行くのはまだ早いかなと思って、、、」
 ということで、家で花火を楽しめるグッズを用意したそうです。大きな懐中電灯のような形をしています。実は、天井に花火の様子を映し出すことができるプロジェクターでした。レバーを引くと花火が打ちあがる音がします。赤いスイッチを握ると、大きな音と花火の映像が現れます。ダイヤルを回すと8種類の花火を楽しめるそうです。
 お父さんのコメント=「音が結構迫力があるので、家族みんなで楽しめる夏のひとときにいいと思います。」
 なれてきたら子供もバズーカを操作したくなるでしょうね。それはそれで、打ち上げる楽しみを感じることができていいと思いました。

●ダンボール製の工作キット=「hacomo シリーズ」
・問い合わせ先:hacomo株式会社 TEL:0879ー23-0055
楽天で扱いがありました。
メーカーHPにオンラインショッピングのページがあります。
Mさんの家。夏休みになると、ゲームばっかりになりがちです。お母さんいわく、「夏休みが長いので、ゲームばかりするよりは工作とかしてくれるといいかな、って。」
 そこで用意したのが、hacomシリーズの、フォーミュラーカーです。ダンボールに切込みが入っています。兄と妹は協力してダンボールから、切り込みにしたがって部品を取り出していきます。そのあとは、折り曲げたり差し込んだりしてくっつけたりして、出来上がりました。はさみも、のりも使わずに作り上げることができます。
他には、恐竜や、クワガタムシなど、いろいろな種類があります。さらに色をつけると自分だけのオリジナルができます。
 息子さんのコメント=「一枚の板から作っていくと、立体になるところが面白かった。ゲームばっかりやってるけど久しぶりに手で作ると楽しい。」
 値が貼りますが、大きいサイズで、実際に乗って楽しめるタイプのものもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください