日本伝統の絵の具を使ったマニキュア=「胡粉ネイル」20140402-2

NHKおはよう日本、2014/04/のまちかど情報室のテーマは、
「和のおしゃれ 楽しもう」

 
●日本伝統の絵の具を使ったマニキュア=「胡粉ネイル」
・問い合わせ先:上羽絵惣株式会社
 Tel:075-351-0693

【楽天】

【アマゾン】

Tさんはお散歩を楽しんでいます。
お出かけの時には、指先のおしゃれも忘れません。

春色のマニキュアをしています。
このマニキュアには有機溶剤が入っていません。

お子さんがいても、安心して使うことができます。

これを作ったのは、京都にある会社。
260年もの歴史のある日本画用の絵の具の専門店です。

今回紹介されたマニキュアの材料にしていたのは
胡紛(ごふん)です。
ホタテの貝殻を砕いたものです。

顔料とまぜて日本画などに使われてきた絵の具だそうです。

日本伝統の色は、日本人の手になじむのではないかということで
興奮を使ってマニキュアを作ったそうです。

鈴木 「すごく沢山、色がありますね。」

色見本が移りましたが、
鈴木、鹿島両アナウンサーは、そのきれいさに感嘆の声を上げていました。

例えばピンクだけでも、「水桃」「金雲母撫子(きららなでしこ)」など
微妙な違いのものがあります。

鹿島 「ネーミングもいいですね。」

市販のアルコール消毒液で、落とせます。
除光液を使わなくてもいいということです。

「普通のネイルよりも、刺激臭がなくて
すぐ乾くので、出かける前にすぐに塗ることができて、
すごく便利だと思います。」


鈴木 「家事をやっても大丈夫ですか?」

普通に洗剤を使って皿を洗ったりだとか
石鹸をつけてて洗ったりだとか、
日常生活の中では、強くこすったりしない限り大丈夫だそうです。

乾きやすく、アルコールで落とせるというのは、いいですね。
胡粉の自然な色合いは、楽しんでみたいなと思います。

東京テレビのWBSでは2013年11月8日(金)に取り上げていたようです。


コメントを残す

このページの先頭へ