バッグに縦に入れられるA4サイズの弁当箱=「薄型弁当箱フードマン」20140401-1

「このサイズにこだわりました」
2014年4月1日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

これはこのくらいの大きさ、という先入観はありますね。
それを打ち破って、従来にないサイズにするということ。
サイズの工夫でより便利になるアイディアが紹介されていました。

 
●バッグに縦に入れられるA4サイズの弁当箱=「薄型弁当箱フードマン」
・問い合わせ先:株式会社シービージャパン
 Tel:0120-934-699

【楽天】

【アマゾン】

社会人2年目だというMさん。
自分で弁当作っていく弁当男子です。

細身の二段式の弁当箱これまで使ってきました。
それでも、
「かさばって不便ですね。
どうしても”ぼこっ”となっちゃいます。」

鈴木アナ 「ビジネスバックに入れにくいですね。お弁当って

ということで使い始めたのが、薄いお弁当箱。
厚みは3.5cm。
さらに、サイズは書類に多いA4の幅とほぼ同じ。

ノートなどと並べて入れられます。
縦に入れられるということです。

鈴木アナ 「汁が漏れちゃいません?」
鹿島アナ 「高校時代よくありましたね。いろんなにおいがしていました。」

注目すべきところは、緑色のパッキンです。
周りだけではなくて、仕切りの部分にもパッキンがついていて、
蓋と一体化しています。
蓋から取り外せないようになっているパッキンです。

閉める時には、pushの部分を押します。
そうするとパッキンと容器の間の空気が抜けて、
密着します。
汁もこぼれません。

Mさんは、実際におかずを詰めてから、振ってくれました。
結構しっかり振っていました。
鈴木アナウンサーも心配していましたが、大丈夫のようです。

「スッキリ入るところが魅力ですね。
一見薄いイメージなんですけど、結構量が入って気に入ってますね。」


鹿島アナウンサーは、Mさんが作る料理の方が気になったようですね。

最近は、パッキンを取り外せる弁当箱が多いですが、
一体化してるというのも、いいかもしれません。
洗いやすいかどうかは、実際に使ってみないとわかりませんが。

汁漏れしないというのは、いいですね。
この薄さは、我が家でも歓迎されるかもしれません。


コメントを残す

このページの先頭へ