パンを保存するための容器=「真空 もちもちパン&むし器」20140225-2

NHKおはよう日本、2014/02/25のまちかど情報室のテーマは、
「パンおいしく楽しく」

 
●パンを保存するための容器=「真空 もちもちパン&むし器」
・問い合わせ先:セーブ・インダストリー株式会社
 Tel:0256-33-7113

【楽天】

【アマゾン】

社交ダンスの教室を開いているNさん。
レッスンの合間に食べるのは決まってパンだそうです。

焼かずにそのまま食べるのが好きだそうです。
1人で食べると、残ってしまいます。
保存のために使っているものがあります。

パン専用の保存ケース。
ポンプと一緒になっています。

パンケースに入れて、白いポンプを上にセットして、押します。
数回動かすと空気が抜けて、真空に近い状態になりますから、
パンがパサパサになりにくくて、カビも生えにくいです。

ただ保存するだけではなくてもう一工夫あります。

白いスノコがついていて、その下に水を大さじ一杯。
その上にパンをセットします。

同じく空気を抜いて、電子レンジに入れます。
30秒ほど加熱すると、ちょっとの水で熱がよく回るそうで、
よりパンがふわふわ、もちもちになるそうです。

Nさんは、水の代わりに生野菜を一緒に入れるそうです。
加熱すると、温野菜も同時にできるので
サンドイッチにして楽しんでいるそうです。

「保存用のケースなんだけれど、
いろんな自分のアイディアで料理が楽しめる。」


真空状態で電子レンジにかけると
通常よりも、効率的に熱が回るのでしょうか?

ただ、
感覚的なものですが、真空状態で加熱しすぎると
あまり具合は良くないと思いますね。


コメントを残す

このページの先頭へ