南部鉄器の焼き芋なべ=「みよちゃんちの焼芋鍋 大」20130906-1

「秋の気分 先取りしよう」
2013年9月6日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

少し季節を先取りして、
秋を感じることができるアイデアが紹介されていました。

 
●南部鉄器の焼き芋なべ=「みよちゃんちの焼芋鍋 大」
・問い合わせ先:及源鋳造株式会社
 Tel:0197-24-2411

【楽天】
焼き芋屋さんの味をおうちで及源鋳造 CA-036 南部鉄器 みよちゃんちの焼芋鍋 【現在生産が間に…

【アマゾン】

ほくほくの焼き芋のアップからスタートしました。

岩手県に住むSさんが焼き芋を作るのに使っているのが、
南部鉄器の鍋です。

ふたを開けると真ん中に煙突のような穴。
鍋のそこにはでこぼこがあります。
これが、本格的な焼き芋を作れるポイントです。

ふたをして、焼いていきます。
真ん中に穴がありますから、火の熱が上に上がってきます。

その熱が鍋の中を回って、サツマイモを満遍なくじっくりと
焼いてくれます。

鍋のそこのでこぼこ。
そのヒントになったのは、伝統的な南部鉄器の鉄瓶の文様です。
それを鍋の内側につけたわけです。
そのためサツマイモの皮が底に張り付きにくくなりました。

ふたを開けて出来上がりを確認する人達は
「じゃじゃ!」と声を上げていました。
Sさんの住む地域では、じぇじぇではなくて、じゃじゃと言うそうです。

「皮も香ばしくておいしいです。」
「すごくおいしく、ふっくら出来上がります。
使い勝手がいいですんで、、、」


この鍋、焼き芋だけでなく、アウトドアでいろいろ活躍するそうです。
枝豆をこの鍋に入れて焼くと、熱の周りが早いので、
ふっくらと出来上がるそうです。

また、えびや貝などの魚介類を料理することもできるそうです。

外で食べると、だいたいはおいしく感じられるものですが、
早く調理できるというのも、大事なことだと思います。
伝統のものと、新しい形がうまく組み合わされていると思いました。


コメントを残す

このページの先頭へ