卵を回してプリン風のお菓子を=「おかしなたまご まわしてまわしてまるごとプリン」20140930-1

「くるくる回して おいしく」
2014年9月30日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

鹿島アナウンサーは、納豆300回ルールというのを実践しているようです。
ねばねばが、ふわふわになっていくそうです。
鈴木アナウンサーは、40回でやめてしまったとのこと。

今日のまちかど情報室は、クルクル回せて便利というアイデアが紹介されていました。

 
●卵を回してプリン風のお菓子を作るグッズ=「おかしなたまご まわしてまわしてまるごとプリン」
・問い合わせ先:(株)タカラトミーアーツ
 Tel:0570-041173

【楽天】

【アマゾン】

見た目は普通の卵ですが、殻を割ると中は、プリンのようになっていました。
子供たちは、カラメルソースをかけて、プリンのように食べていました。
兄妹自ら作ったそうです。

「これで作れます!」と紹介されていたのは、レバーが付いたグッズ。
卵の白身と黄身を混ぜ合わせてしまいます。

レバーを前後に動かすと、セットした卵が急回転。

2分間動かしていると、中身は混ざったはず。
割れないようにラップで包んで、お湯の中に入れて30分。

プリンの食感のような、、、ゆで卵?が出来上がりました。

味見したお母さんも、「おいしい。」

えびなどの具をのせてめんつゆをかけると、茶碗蒸しとして味わえます。

「子供たちが、ちょっとおなかすいたときに、ぱっと自分たちででいるでいいですね。」


一つ2分だから、家族分を作ろうと思ったら、それなりの時間と力が必要だと思います。
ただ、動きは難しいことはないので、許容範囲でしょうか。

これなら、一人でたくさん食べることができそうですね。
子供のおやつとして、ぴったりだなと思いました。

ある程度の年齢になると、卵の食べすぎに気をつけるように言われている人もいるようです。
コレステロールの値に関係あるとか、、、。
関係ないという説もあるようですね。
まあ、何事も過ぎるのは良くないとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください