氷の皿が作れる製氷皿=「ダイヤ そうめん製氷皿」20160729-1

「氷 活用しよう」
2016年7月29日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さん、暑い時期は飲み物に氷を入れるのは必須だとのこと。
ゼリーや果物も凍らせて食べるのが好きだそうです。

氷を使ったアイディアが紹介されていました。

●氷の皿が作れる製氷皿=「ダイヤ そうめん製氷皿」

暑い日にはよくそうめんを食べるというSさん。

茹でたそうめんは、氷と水を一緒に盛りつけているんですが、麺を取るときにしずくが垂れたり、つゆが薄まったりするのが気になっていました。

和久田 「水につかっているから仕方がないんですがね。何とかしたいですね。」

「取る時にテーブルがビショビショになってしまったり、氷水だと氷がどんどん溶けちゃうんで。最後は生ぬるい状態で、、、」

そこで使うようになったものがあります。
樹脂製の白い皿。
水を入れ、一晩冷蔵庫で凍らせて使います。

裏から軽く押すと、氷の皿ができました。
ここにそうめんを盛り付けていきます

【アマゾン】
ダイヤ そうめん製氷皿

でこぼこしているので、氷に触れる面積が広く、効率よく素麺を冷やせるというアイディアです。

和久田 「よく見ると星が飛び出してますね。」

Sさん、果物を盛り付けるときにも使っています。

「夏の定番のそうめんなので、やっぱり冷たいのが一番ですね。
涼しげでいいと思います。」


素材はポリエチレンでできていて、凍らせても割れにくく、簡単に外せるそうです。
試行錯誤して、完成させた商品だとのことでした。

氷の器は涼しげで、特別感があっていいですね。
事前の準備は必要ですが、コストもかからず楽しめるいいアイディアだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください