肉の筋をきれいに切ってくれる=「ミートソフター」20150826-1

「肉 おいしく楽しもう!」
2015年8月26日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

肉料理を手軽においしくするアイデアが紹介されていました。
自宅で、おいしく肉が食べられます。

合原さんは、肉が大好きで、
「家で食べるときも、だめだと思いながらも野菜をつけずにお肉だけガーッと焼いて食べちゃいます。お肉でおなかをいっぱいにしたくなっちゃうんですよね。」
ということでした。
本当に、肉が好きなんですね。

 
●肉の筋をきれいに切ってくれる=「ミートソフター」

【楽天】

【アマゾン】

画面にアップになったのはチキンの照り焼き。
作ったのは主婦のTさん。

鶏肉は焼いた時に縮まないように筋を切りますが、
「脂っぽくヌルヌルするので、滑りやすかったり、、、
包丁だとちょっと切りにくいですね。」

そこで使っているのが、専用のカッター。
特徴は刃の先端にあります。
図工の時間を思い出させます。
彫刻刀の形です。

彫刻刀のメーカーが、独特の形状の刃を他の分野でも使えないかと、開発したものです。
丸みのある刃が滑りやすい鶏肉の筋を、しっかり捕まえて切ってくれます。
焼いても、筋切りした穴が目立ちません。

「切りたいところだけ切れたり、お肉自体に無駄に刃が入るわけではないので、すごくいい仕上がりになるので、助かってます。」


両サイドに、歯になっていない棒があるので、それがストッパーになっていて、まな板を傷付けたり、肉を貫通させずに筋を切ることができるように、なっています。

刃物につきものの、安全性に関する問題にきちんと対応できているんですね。
さすが、彫刻刀メーカーという気がしました。

購入者のレビューを見てみると、鶏肉に限らず活用している人が多いようです。
いろいろな肉が柔らかくなるとのこと。

名は体を表す!という感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください