いすになるリュック=「どこでも座れるリュック」20150422-1

「外出先でひと休み」
2015年4月22日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

ゴールデンウィークが近づいてきて、関連するニュースも増えてきました。
実家に帰ったり、旅行に出かけたいという人も多いことでしょう。
旅行などのお出かけに便利なアイデアが紹介されていました。

 
●いすになるリュック=「どこでも座れるリュック」

【楽天】

【アマゾン】

写真を撮るのが趣味というOさん。
この日は、東京調布市、植物公園もある深大寺にやってきました。

撮影ポイントを探していると夢中になって、ついつい歩きすぎてしまうこともあります。
そこでちょっと一休み。
「リュックに座ります。」

「I AM PLAY-KING」というロゴが入ったリュック。
背中のカバーが開きます。
中に金属製の部品が入っています。
広げていくと椅子になりました。
開いたカバーをかぶせると、それが座面になります。

部品の重さはおよそ700グラム。
折り畳み傘2本分程度です。

100キロほどの重さに耐えることができます。
バスなど乗物を待つ間や、行列ができているレストランの待ち時間に使うと便利だそうです。

「リュックの中に椅子が入ってると思えないほど軽くて、椅子を組み立ててガイドブックを見ながら次に行く場所を考えたり、そういう、こま切れの休憩にすごく便利です。」


座れるスーツケースという製品は、見かけたことがありました。
リュックがいすになるというのは、新鮮です。
ビジネスではない場面、リュックを使うときのほうが”その辺で休む”ニーズが高いと思います。

この製品、考えたのは東京秋葉原でパソコンの周辺機器を扱う会社の社長さん。

秋葉原ではゲームなどの新製品が発売されるたびに行列ができます。
徹夜で並ぶその行列を見て、思いついたそうです。
リュックの人も多いので、そこに椅子がついたらいいんじゃないかというアイディアが沸いたとのこと。

鉄道愛好家の人たちにも、列車を待つのに便利だということで使っている人もいるそうです。

野球観戦にも使えるなと思いました。
息の長い製品になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください