旅行中の水やりの不安を解消=「チュピ プラント」20160425-3

まちかど情報室は「お出かけに役立ちます」というテーマ。
2016/04/25(月)の放送でした。

●旅行中の水やりの不安を解消=「チュピ プラント」

Sさん親子。
連休に生後10ヶ月の男の子を連れて、1週間里帰りする予定だそうです。

その時心配なのが、大切に育てている植物の水やり。

和久田 「1週間水をやれないのは困りますね。」

そこで使うもの。

中にはプルプルしたゼリー状のものが入っています。

これを、容器が土の中に埋まるようにしっかり押し込みます。

これでおよそ1週間水やりが要らないそうです。
出かける前に水をかけておけば、より長持ちするそうです。

中に入っている透明なゲルは、蒸留水を食品などにも使われる増粘剤で固めたもの。

土の中にいる微生物が、このゲルを分解してゆっくりと水に戻すので、、自然と水やりができる仕組みです。

和久田 「少しずつ水になるんですね。」

パセリで実験してみたそうです。
3日後にははっきりと差が出ました。
ゲルを置いてない方は、しおれてきましたが、おいた方はみずみずしく元気です。

「これがあると安心して外出も長期期間できるようになりますね。手軽でいいなと思っています。」


和久田さんのお父さん、以前旅行に行くときに植木鉢の上にホースを通して、水道にタイマーをつけてかなり苦労して水やり装置を作っていたそうです。
和久田 「これがあれば、、、」とのことでした。

この製品、昔から長期休暇の習慣があるスペインで生まれたものだそうです。
これ一つで、150ミリリットル、およそコップ一杯分の水になります。

植物の種類や鉢の大きさに合わせて、差すゲルの本数を調節することで、水分量や水やりの期間を調整できるそうです。

更に、主な成分は水なので、万が一口に入れてしまっても安心だということです。

必要は発明の母、ですね。
長期休暇に慣れているヨーロッパ、ということを改めて意識させられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください