いちご大好き! 1月13日

北海道の小学校・中学校・高校の冬休みは基本的に夏と同じ25日程度です。年末早くに休みに入った学校は今日から授業が始まるというところがあるようです。センター試験を控えて、緊張が高まっている高校も多いでしょうね。
 2012年 1月13日(金)のまちかど情報室は、「いちご大好き!」というテーマでした。いちご産地の情報や、あったら便利というアイデアが紹介されていました。
 イチゴの生産量が最も多いのは、栃木県だそうです。下記の道の駅やいちご園は栃木県にあります。

●いちごや関連製品を売る道の駅
・問い合わせ先:道の駅 にのみや TEL:0285-73-1110
URL→http://michinoeki-ninomiya.jp/
※次回のいちご祭りは2月12日に開催予定とのこと。
出だしは、月に一度のいちご祭りの様子が紹介されていました。サンバの踊りが披露されていました。販売所ではとれたての”とちおとめ”がたくさん売られていました。一箱4パック入って1700円ということで、市価よりもお得なので、まとめ買いしていく人が多く見られました。「孫たちがみなイチゴがすきなので、、、」とか「すごい安いですよね。だから、ごっそり買って帰ろうかな、、、」という声が。
店内には、いちごを使った製品が20種類以上売られているそう。ワイン・カレー・そうめんなど。鹿島アナウンサーは、いちごそうめんを試食。いちごミルクの香りがするそうめんをめんつゆにつけて、、、いわく「ミスマッチのマッチング」とのことでした。「不思議ですね。いちごの味はしっかりしているんですけれど、おいしい。」
この道の駅では、取れたのいちごをまぜこんだジェラートもあるとのこと。
 いちご農家では、スライスしてサラダに使うこともあるとのことでした。自分の家でもいろいろ試してみると、新しい発見があるかもしれないなと思いつつ、もったいないなとも思いました。

●ケーキが作れるいちご園
・問い合わせ先:有限会社いちごの里湯本農場 TEL:0285-27-0001
URL→http://www.itigo.co.jp
 ・開催予定日 2012年1月7日(土)?2月末の土日・祝祭日
 ・参加費 ケーキ1個につき、3,500円
自分でつんだイチゴで、いちごケーキが作れるというサービスをしているいちご園が紹介されていました。
生クリームと、スポンジが準備されています。それを飾り付けていきます。我慢できずにいちごをつまみ食いしてしまう小さい子もいました。いちごで花をつくって飾ったケーキや、いちごをてんこ盛りにしたケーキなど、さまざまです。
参加者のコメント=「自分で摘んだいちごでケーキを作れるので、すごくよかったと思います。」
北海道ではこの時期やっている果樹園はほとんど無いのではないかなと思います。栃木などは基本的に雪は積もらないんでしょうね。

●いちごのヘタをとる道具=「ストロベリーハラー」
・問い合わせ先:OXO(オクソー) TEL:0570-03-1212
URL→http://www.oxo.com/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
Mさんと娘さん。そろっていちごが好きです。みのまわりにもいちごグッズがありました。大好きないちごを食べるときには、ストロベリーハラーを使っているそうです。へた取りです。ぎざぎざになった先端をヘタに差し込んで軽くねじって引き抜くだけ。きれいに取れました。おしりのボタンを押せば外れます。
Mさんのコメント=「むだな果肉もとれないで、見た目もきれいですし、いい感じですね。」
手でとってもうまく取れなくて、がっかりすることはありますね。専用のものは、いいのかな。ただ、レビューなどによると使い方には慣れが必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください