スイーツ楽しく作ろう! 1月17日

阪神・淡路大震災から17年たちました。当時は成人式が1月15日で、その直後の出来事でした。6千人以上がなくなったんですね。おはよう日本では地震のあった時刻に黙祷する現地の様子を中継していました。今年は、東日本を支援していこうという気持ちも込められているようでした。
 2012年 1月17日(火)のまちかど情報室は、「スイーツ楽しく作ろう!」というテーマでした。本格スイーツを家で手軽に作れるアイデアグッズが紹介されていました。

●マカロンが作れるグッズ=「はじめてマカロン」
・問い合わせ先:株式会社メガハウス TEL:03-3847-1757
URL→http://www.megahouse.co.jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
フランスの代表的なお菓子、マカロン。生地はサクッと中はしっとりというのが人気の秘密のようです。これをFさん宅では自分たちで作っています。材料の一つ、たまごの白身と粉砂糖のメレンゲをつくります。あわ立て具合がマカロンの食感の鍵になります。くるくる回る羽根がついた本体に入れて、5分間まわします。それだけでちょうどいい加減のメレンゲができます。ココアと粉砂糖、アーモンドパウダーも混ぜて、生地が完成。それを、付属のシートの上に絞って、オーブンでおよそ10分焼きます。きちんと膨らんでいました。お好みのジャムやクリームをはさんだら出来上がりです。いろいろな形のマカロンが完成しました。お味も満足のようでした。
マカロンは、名前も見た目もかわいいですね。うちの娘も大好きです。まだあまり調理をしない娘ですが、これなら好んでやるかもしれません。

●クレーム・ブリュレが作れるキット=「Paris Style とっておきのクレーム・ブリュレ」
・問い合わせ先:河出書房新社 TEL:03-3404-1201
URL→http://www.kawade.co.jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
映画でもブームになったフランスの伝統的なお菓子の、クレーム・ブリュレ。表面の焦げた感じが特徴ですね。これも家で作れます。主婦のSさんが使っているのは、レシピに耐熱容器などがセットになっているもの。本とその付録というイメージでしょうね。このレシピはパリのシェフが監修しているそうです。生クリーム・たまごの黄身・グラニュー糖などを混ぜてプリンのように焼き上げた生地のうえにお砂糖を振り掛けていきます。さっきのセットには、小さなバーナーも付属しています。それをつかって、こんがりと焼き目をつけることができます。
Sさんのコメント=「パリパリのクレーム・ブリュレが手軽にできるので、まるでパリに言った気分になれます。」
ちょっと駄洒落も入っていましたね。道具の有り無しはは仕上がりを決定的に左右します。専門的な小物を同封してくれるととても助かりますね。

●スイーツの小物が作れるキット=「パティスリーソレイユ」
・問い合わせ先:サンフエルト株式会社 TEL:03-3859-0584
URL→http://www.sunfelt.co.jp
楽天で扱いがありました。
次は、イチゴのロールケーキの話題。じつは、ロールケーキ自体ではなくて、携帯電話のストラップに使っていた、ロールケーキの小物のことが紹介されていました。
フェルトの生地や綿、飾りつけの材料などがセットなっています。ケーキの形に生地が切り抜かれているので、そのとおりにはずして、くっつけて、中に綿を入れて、ふたをするようにすれば、形ができてきました。最後は縫い合わせていくと完成。イチゴと葉っぱも作ります。粉砂糖を乗せたデコレーションまでして、本物そっくりの小物が完成です。
Tさんの「見ていると、すごく食べたくなってしまうような、、、持ち歩けるのが楽しいし、かわいいなと思います。」
ロールケーキ以外にもいろいろなキットが販売されているようです。手間をかけて、自分で完成させるのは、楽しいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください