スムージーをつくるためのシリコーン製の袋=「手もみジューサー」20150129-3

まちかど情報室「手早く料理できます」
2015/01/29(木)の放送でした。

 
●スムージーをつくるためのシリコーン製の袋=「手もみジューサー」

小久保工業所公式通販サイト → delijoy(デリジョイ) 手もみジューサー

Oさんのお宅を取材。
みんなが手に持って紹介してくれた袋。
「スムージーを作ります」
ということでした。

使い方はシンプルです。
袋の中に好きな果物や牛乳、ヨーグルトなどを入れます。
そして、手で揉みます。

袋の内側には、沢山の突起がついていて、押しつぶしやすくなっています。

でき上がりは、きちんとスムージー。

娘さんがすきなのは、バナナに抹茶を加えたスムージー。
もう一人の娘さんがすきなのは、ブルーベリーとイチゴに紅茶を入れたもの。
(二人は双子でした。)

「朝は時間がないので、自分の飲みたいものとか、飲みたい量だけを早くつくれるので助かってます。」

使い終わった後も、裏返して洗うだけ。
後始末も手軽です。


鈴木 「スムージーを作るものいろいろお伝えしてますけれど、手で作っちゃおうというのが出てきてるんだ。」

2014年10月24日(金)に東京テレビ「トレンドたまご」でも取り上げられていました。

ちょっと気になったのは、もんでいるときに、手のぬくもりで中身が温まってしまわないのかなと言うこと。
冷たいスムージーを飲みたいというときには、意識して手早くやる必要があると思います。
あるいは、つぶしてから冷やす?

いずれにしても、飲む人が、各自でやるというのは、母として助かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください