トマトの魅力パワーアップ! 6月22日

函館地方、去年の今頃は25度を超える日があったと思います。今年は、肌寒い6月になっていて、夏が本当に来るんだろうかと心配になります。6月の台風上陸などもあり、例年と違うことが多い気がします。力強い日差しが欲しいです。
 2012年 6月22日(金)のまちかど情報室は、「トマトの魅力パワーアップ!」というテーマでした。代表的な夏野菜の一つ、トマトを使ったユニークな加工品や多彩な味わい方のアイデアが紹介されていました。

●トマトと味噌を合わせた調味料=「トマトミソース」
・問い合わせ先:株式会社貝島商店 TEL:096-372-2100
URL→http://www.yebisumiso.co.jp/
楽天で扱いがありました。アマゾンでは48個セットの扱いでした。
トマトの生産日本一は熊本県のようです。トマトを使ったユニークな製品が紹介されていました。Eさんが愛用しているもの。トマトと九州特産の麦味噌をあわせたものです。これは和食にもイタリアンにも合う不思議な味わいだそうです。
 Eさんは、ささみのフライだとそのままソースとしてかけて、アスパラの豚肉まきには、下味からつけられる調味料として使い、うどんの上にトマトと一緒にトッピングしたりもします。食べた人の反応もとてもよさそうでした。
 Eさんのコメント=「味噌とトマトとオリーブオイルがすごく合う。熊本県のトマトと味噌は最高だと思います」
 みそ汁にトマトを入れているということを聞いたメーカーが考案したそうです。味見してみたいです。

●色とりどりのトマトを扱う専門店
・問い合わせ先:セレブ・デ・トマト 青山本店 TEL:03-5766-3005
トマトの専門店を鹿島アナウンサーが訪れました。いろいろなトマトがありました。オレンジ、赤、黄色、黒っぽいもの、緑のトマトもありました。鹿島アナウンサーは緑のトマトを試食です。”しゃき、しゃき”といい音がします。「レタスの白っぽいところをしゃきしゃき食べてる感じ」との事。
 ギフトにも使えるフレッシュトマトの詰め合わせも紹介されていました。色鮮やかでインパクトがありました。
 レストランも併設されています。トマト専門店だけに、デザートもトマト。鹿島アナウンサーが試食したのは「完熟トマトのブリュレ」でした。トマトに砂糖をかけてバーナーで焦がしてぱりぱりのキャラメル状にしたところに、冷たいアイスクリームをトッピング。仕上げにはバルザミコスをかけて出来上がりです。鹿島アナウンサーいわく「アイスクリームの滑らかさと、カラメルのぱりぱりしたのがトマトにも合うんですね!」
 この店のHPにはオンラインショップのページもありました。トマトの詰め合わせは「トマトの宝石箱」という名前のようです。

●トマトと日本酒で作ったリキュール=「DELI TOMA(デリトマ)」
・問い合わせ先:吉乃川株式会社 TEL:0258-35-3000
新潟のSさん。乾杯して飲んでいるのは、一見トマトジュースのお酒です。新潟の酒造メーカーがトマトと純米酒を合わせて作りました。Sさんのお勧めは、そのお酒にタバスコ・ナンプラー・ウスターソースを垂らすという飲み方。
 タバスコを入れて試飲した友達は、「おいしい」と。ナンプラー入りを飲んだ人は「合うんですね!」 ウスターソースを入れたものは、「おいしい、甘くなる」
 Sさんは、このトマトのリキュールをスープに入れたり、パスタに加えてみたりして重宝しているそうです。
 Sさんのコメント=「飲めて、料理にも使えて、1本あればホームパーティーにぴったりというところが私にはうれしいです。」
 これまた面白い組み合わせだと思いましたが、トマトは懐が広いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください