おっ!持ちやすい 7月4日

うなぎの取引価格が値上がりしているそうです。うなぎ高騰の原因は、「シラスウナギ」と呼ばれるうなぎの稚魚が、激減しているため。乱獲や海流の変化の影響を受けていると考えられています。苦肉の策ということで、オーストラリア、タスマニア産のうなぎが輸入されるようになってきています。味は悪くないそうですが、輸入量が限られているので国内の需要を満たすのには十分でないとのこと。うなぎは本当に高値の花になってしまいそうです。
 2012年 7月4日(水)のまちかど情報室は、「おっ!持ちやすい」というテーマでした。重たい買い物や熱々のトウモロコシなどが一工夫で持ちやすくなるアイデアが紹介されていました。

●熱々のトウモロコシも持ちやすいホルダー=「コーンホルダー」
・問い合わせ先:貝印株式会社 TEL:0120-016-410
URL→http://www.kai-group.com/jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
主婦のIさん。とうもろこしを茹でておやつにしました。子供たちは大喜びですが、熱々で持てません。そこで、取り出したのがコーンの粒つぶみたいな形のグッズ。引っ張ると二つに分かれて針が出てきました。それをとうもろこしの両端に刺すと、、、取っ手ができて持ちやすくなりました。
 Iさんのコメント=「熱くないし”わー、おもしろい!”って感じで、、、たくさん食べてくれるとうれしいかなと思います。」
 取っ手をつけてから、より勢い良く食べ始めました。持ちやすいということはとても大事なことですね。

●子供用の持ち手が付いたバッグー=「マザーチャイルドバッグ」
・問い合わせ先:株式会社マインドアート TEL:03-3715-6811
URL→http://reisenthel.jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
主婦のYさんと娘さん。お買物に行きました。スーパーの中でお母さんが手を離すと、勝手にどこかへ行ってしまいました。物陰に隠れて、かくれんぼをしているようなことになりました。そこでIさんが使い始めたのが、マザーチャイルドバッグ。一見普通のバッグですが、反対側には、横に持ち手が付いています。そこを子供に持たせると、チョロチョロと歩き回ることが収まりました。
 買物帰りに持ち物が増えて両手がふさがっても、子供が持ち手を持っていると安心です。Iさんのコメント=「いつもちょろちょろ行っちゃうんですけどね。しっかりつかんでくれている感覚がバッグを通して伝わってくるので、安心感がすごくあります。」
 子ども自身がお母さんにしっかりつながっているとおもえるから、落ち着くんでしょうね。いいバッグだと思いました。

●ペットボトルをダンベルに利用出来る持ち手=「アクアレイ」
・問い合わせ先:アズマ工業株式会社 TEL:053-463-3300
URL→http://www.verybenly-azuma.com/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
トイレットペーパーの芯くらいの棒。あるものを持つのを助けてくれます。実はペットボトルを持つのに使います。ヤップの上からつけて、反対側にも水が入ったまま取り付けます。持ち上げると、ダンベルになりました。
 1.5リットルのボトルまでとりつけられます。合計3キロになりますね。
 愛用者のかたのコメント=「手軽に家にあるペットボトルで、部屋でもすぐに運動できるというのが、いいところだと思います。」
 息子さんはテニスが得意なスポーツマン。そのコメント=「ダンベルとか買わなくていいし、手軽にできるので、それでテニスとかも上手になりたいです。」
 ペットボトルを変えることで重さを調節できるのが便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください