年末セレクション やさしくサポートします20131226

2013年12月26日(木)のNHKまちかど情報室は、
「年末セレクション やさしくサポートします」というテーマ。

年末セレクションの3回目。
今日は、高齢者や障害のある人たちの生活をサポートする
アイデアが紹介されていました。
この分野は、手紙やファクスでの問い合わせが
特に多いということでした。


(1)ゴムの力で足の上げ下げをサポートする=「らくらく歩ける君」
【2013年7月5日放送】
足元をサポートしてくれるグッズです。
ひざの動きを補助してくれます。
両方の足首と腰にゴムをつけると、ゴムが縮む力が
ひざを上げるのを助けてくれます。
足を下ろすときにも、ゆっくりと着地できるようになります。
使っている方は、
日常の階段の上り下りや、散歩のときに重宝していると言うことでした。


(2)ブレーキを備えた歩行車=「コンパル 抑速ブレーキ付歩行車」
【2013年7月5日放送】
お年寄りが一人で歩くための歩行車にも反響があったそうです。
今は、たくさんの種類が発売されるようになりました。
この歩行車は、車輪に自動でかかるブレーキがついているのが特徴。
くだりの坂道で実験してみましたが、一定のスピードでゆっくりゆっくり進みます。
一気に走り出すことはありません。
安心感があるというのが、一番ですね。


(3)遠くの物を楽につかめる器具=「楽らくハンド」
【2013年9月13日放送】
もち手の部分を握ると、先端が閉じるという仕組みのぐっす。
遠くのものを掴むことができます。
かなり精密にできています。
先端部分は滑りにくいシリコーン製。
たまごや、一円玉を掴む実験をしていました。
おもちゃとは一線を画すものですね。


(4)握るのを補助するグローブ=「パワーアシストグローブ」
【2013年12月3日放送】
握るのを助けてくれる手袋でした。
今月の紹介でしたから、記憶に新しいですね。
頚椎損傷で物を握るのが難しくなったという方が紹介してくれました。
この手袋、
空気が入った小さなボンベと組み合わせて使います。
埋め込まれているチューブがポイント。
ボンベで空気を送り込むと、指のようにしっかりと曲がって、
ものを掴むことができます。
字も書けるようになりました。


(5)アイメイクがしやすくなる老眼鏡=「ドレッサーグラス」
【2013年9月13日放送】
メイクをするときに老眼鏡が邪魔になっている
場合に活躍してくれる老眼鏡でした。
メイクをするときにめがねをかけたりはずしたりで
苦労する人は多いようです。
片方のレンズがない目がね。
レンズのあるほうで見ながら、もう片方をメイクします。
レンズは反対側に移動できるので、
両方上手にアイメイクができます。


これからも、ますます色々な工夫が続いていくことでしょう。
日本のものづくりの技術に期待しています。


コメントを残す

このページの先頭へ